『テラスのある家づくり』 リツデザイン建築設計事務所

HOME > Planning > NewHouse

ご相談実例をご紹介します(新築;Tさんの場合)

リツデザインに相談したら、どんな提案をしてくれるの?
初めての設計事務所、期待よりも不安が大きいかもしれません。
ここでは実際の設計経過から、リツデザインをもう少し具体的にイメージしていただけたらと思います。

STEP1:ご相談

RIMG15426.JPGメールからご面談へ
1年以上かけて夕日の綺麗な土地を手に入れたTさん。一度は他の設計事務所に計画を依頼したものの提案内容に納得できず、当社HPから御相談メールをいただきました。
Tさんが求たポイントは次の3点。
①土地に合ったアイディア
②予算に見合ったデザイン
③信頼できる工務店を探すこと
ご面談にてリツデザイン建築設計事務所の「設計のすすめ方」や「実例」をご説明し、次回ファーストプランをご提案させていただくことに。
Tさんは、自分たちの家に対するイメージをコラージュしてお持ちいただいたことが印象的でした。


STEP2:初回ご提案

ファーストプラン.jpgファーストプランのご提示
プラン作成にあたって、現地調査,役所調査を行います。さらにリツデザインでは、敷地周辺の模型を作成し、高低差や近隣の住宅を再現。外的要因は全て設計検討に盛り込みます。
そうして出来たプランをご覧いただき、設計契約についてご判断いただきます。
(ファーストプラン作成にあたって、お互いに本気で検討をする費用として、お申込金5万円をお願いしています。)
Tさんには、プラン構築コンセプトや基本要素にご納得いただくことができ、お互いに一安心。
ご提案をお持ち帰りいただき、設計契約についてご検討いただくことになりました。
.


STEP3:基本設計

基本設計.JPG設計契約~基本プランの決定
前回のご提案書をもとにTさんご夫婦でご相談いいただき、設計契約のうえ計画をすすめることに。
とはいえ、やはり課題はあるもの。Tさんのお宅では、外観のデザインが一番の課題でした。シンプルだけど味のある外観。緑地に隣接する敷地条件から落ち葉やメインテナンス対策、等々。
それでも今出来る検討をし尽くして、よく話し合っておかないと、実際に建物が出来てから不安や後悔があっては困ります。いくつもの案を出しては絞り込む作業が続きました。


STEP4:実施設計

50模型.jpg詳細な仕様の決定
基本設計が決まると、次は実施設計へと移ります。
これは建物を実際にどうやって造るかを図面化する工程。
それと同時に仕上げで使う材料や設備などについてご提案し、打合せを重ねます。お任せのお施主様もいらっしゃいますが、Tさんはライフスタイルについて明確なイメージをお持ちでした。
図面だけでなく一回り大きな模型を作ったり、一緒に設備関係のショールームを廻ったりしてイメージをふくらませます。また、当社内覧会や竣工したオーナーさまに内部をお見せいただくことで、具体的な素材に触れて頂く機会を設定させていただきました。


STEP6:見積監査

RIMG15501.JPG工事見積の取得と調整
Tさんのご要望はまとまったものの、膨らんだ内容に対して予算が追いついていない状況。Tさんと相談してリツデザインの設計を一番多く施工している工務店さん1社に絞って見積・交渉をすることに。
緊張の初回見積りは予算を2割強オーバー。でも、ここは設計事務所の踏ん張りどころ。見積りの詳細を検証し、建物規模はそのままに、外観デザインの再検討や細部の造り方を変更しながらご予算付近まで圧縮して工事契約となりました。


STEP6:設計監理

IMG_3129.JPG工事着手から竣工まで
設計監理とは、設計者がオーナーさんに代わって工事が設計図通りに行われているか・品質を保っているかを監理するもの。
Tさんの敷地は高低差があり複雑な基礎形状。また、敷地周囲に広がる緑地による実際の落葉状況から、外観の大幅な変更など大きな決断が必要になる目まぐるしい前半戦。
上棟後はスイッチやコンセント、使用素材や色を現地で最終確認しながら工事をチェック。減額案としていた木部の自主塗装をするTさんをサポート。東日本大震災の影響で電気が来ないなどいろいろなことがありましたが、無事にお引き渡しとなりました。


STEP7:アフターフォロー

IMG_4454.JPG竣工後~現在まで
ご入居いただいてからが住宅にとって本当のスタートです。
Tさん宅では手摺に落下防止ネットをご用意したり、木部の反り修正を手配したりといったところで、大きな問題無く1年点検を迎えようとしています。
またこの先、お子さんの成長に合わせて手を入れられるようになっているので、ご連絡を取り合いながら住宅の成長を見守らせていただくことになります。
LinkIconTさんの住宅「SPIRAL」を見る


ページの先頭へ